ゴルフ 初心者

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

大きくクラブを振るコツ

 

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

 

大きなスイングアークを得るためのもう一つのポイントがある。
それは、手首を早めに使わないことだ。ボールに対して構えをつくったら、左肩から左腕、そしてクラブを一体化させてしまう。
つまり、左肩からクラブヘッドまでを一つのものとして、その状態を保ったままでテークバックを指導するように心がけるのだ。

 

この左腕からクラブヘッドまでがスイング円の半径となるわけだが、
テークバックの初期の段階で手首を使ってしまうと、半径が短くなりスイングアークはとたんにちいさくなってしまう。
さらに、正しく動くべきスイング軌道からもはずれてしまうために、ジャストミートも難しくなってしまう。
腕主体にクラブを右へ動かそうとすると、どうしても手首を使う羽目になってしまう。

 

クラブは腕で動かすのではなく、左肩の回転につれて自然に動くと考えておくことだ。
左肩からクラブヘッドを一体化させておき、左肩が右に動くことにより、自然に左腕とクラブもそれにつれて動くようにする。
この時にクラブヘッドを外側に押し出すように意識しておくと、よりクラブヘッドの描くスイングアークは大きくなってくる。

 

そして、手首を使い始めるのは、手首が右腰の高さに来た時だと肝に銘じておくことだ。

 

初心者の場合は、どうしても縮こまってしまう。
スイングは大きく、が基本となる。
初心者はとくにその点に注意し、練習をおこなってほしい。

大きなスイング円を描こう!

 

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

 

ドライバーショットを正確に、かつ遠くへ飛ばすためには、まず立ち方が大切になる。
ボールに正しくクラブヘッドを当てようとか、より強くヒットしようとか考えると、自然に前かがみの小さなか前になったり、背中が丸まった状態になりやすい。

 

自然に大きく、高く構えることが重要だ。
そのためには、背筋をぴんと伸ばして胸を張り、股関節の部分からすこし上半身を前傾させたくらいの構えにする。
そして、尾てい骨から首筋までの背中のセンターラインを一直線にしておくことだ。
ここがいわゆるスイング軸となり、ここを中心に体を右、そして左へと回転させていくのだ。

 

せっかく背筋をぴんと一直線に伸ばしていても、地面にあるボールを見る際に首筋を曲げてしまっている人が多い。これでは、スイング軸が歪んでいることになる。

 

首筋も背骨にあわせて一直線に保ち、ボールを見るときは伏目がちにみるようにすることが大切だ。
こうすることで、より大きな高い構えが出来上がり、前述したように肩の回転主体に上半身を回転させていくと、描かれるスイング円は自然におおきなものになっていくのだ。

 

初心者は特に、スイング円を大きくすることを重点的に練習すべきだ。
ゴルフの初心者はどうしても縮こまったスイングになってしまいがちとなる。

丸く振るためのコツ

 

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

 

ドライバーを丸く振るためには、まず肩をしっかりと回す。それにつれて主に上半身が捻転してくる。
これをスムーズに行うためには、テークバック(クラブを右側に振り上げる動作)ではウエートを右足に乗せていくようにする。

 

そして、トップスイングでは右足(主に右足太もも)に全ウエートをかけるようにし、そこから今度は左へ身体を回転させていく。

 

このダウンスイング(クラブを振り下ろす動作)では、右足にあったウエートを左足に移していく。
このような右、左へのウエート移動がスムーズな体の回転を生み出すのだ。

 

そして、もう一つのキーポイントが左わきのしめとなる。体の回転につれて腕とクラブが常に一定の軌道を動くようにするには、左わきをしっかりとしめておき、利き腕である右腕の勝手な動きを制限するために左サイド主体にスイングすることが大切となってくるのだ。

 

この点は、特にゴルフの初心者は重要となってくるだろう。
丸く振るためのコツは、ゴルフの初心者が練習するときに、特に気にするべき点である。

スイングのキーポイント

 

ゴルフの初心者はどんな練習をすればいいの?

 

ドライバーに限らずクラブでボールを打つということは、スイングすること。
ボールを強くヒットしようとするのではなく、丸く振る、つまりスイングすることが重要。

 

そのためには、両腕主体にクラブを扱うのではなく、身体の回転を主体にクラブを動かすことが必要になる。

 

特に、クラブの中で一番長く、ロフト(フェース面についている角度)の一番小さなドライバーで、ボールをジャストミートし、なおかつ狙った地点に正確に飛ばすには、腕主体の動きではうまくいかない。

 

体の回転でクラブを丸く振るためには、肩の回転に留意することだ。

 

トップスイングでは左肩を顎の下に、フィニッシュでは顎よりもさらに目標方向に向けて右肩を大きく回すことを心がけたい。
クラブを握った両腕は、この肩の回転につれて動くくらいの気持ちで、丸いスイング円を描くようにするとうまくいくはずだ。

 

ゴルフの初心者の場合は特にこの傾向が強い。
初心者のうちは特にスイングのキーポイントを気にするべきである。

ホーム RSS購読